トップページ
院長挨拶
院長挨拶
院長プロフィール
院内紹介
当院のご案内
アクセス
治療へのアドバイス
スポーツ外傷とスポーツ障害
私の考える整形外科医療とは
スポーツ障害・診断こーナー
アスレチックリハビリテーション
ウェルネス葛西
スポーツ・健康 KSA医学研究所
医療法人社団順公会 佐藤整形外科 03-5658-5711 〒134-0084 東京都江戸川区東葛西6-1-7
足 膝 腰 肩 手

マレット指の可能性があります。


「マレットフィンガー」は主に球技種目で多く発生し、指先にボールなどが当たった衝撃で指先の伸筋腱が引っ張られ損傷してしまう状態です。
  一般的に「突き指」というと単なる指の捻挫と軽視されがちですが、脱臼や骨折を伴っている場合も少なくありません。受傷直後はしっかり応急処置を行い、腫れや痛みがひどい場合は早めに病院へ行きましょう。
  しかし、初期はレントゲンでも骨折などの判断がしにくい場合があり、また骨折を伴わない腱断裂の可能性もあります。
  指が伸ばせなかったり、腫れや痛みが引かない場合は2週間後くらいにもう一度、専門医に診察をしてもらうようにしましょう。
  脱臼や骨折の場合は、手術をする場合と手術せず指を固定する装具をつけて治す場合があります。

(出現頻度の高いスポーツ)
   バスケットボール・バレーボール
   ソフトボールなど

 

 

剥離骨折

 

装具療法

 

類似疾患

石黒法術後

 

DIP関節脱臼


症例:18歳女子高校生(バスケットボール部所属)
  練習中パスを受けた際、指先にボールが当たり痛みが走った。そのままプレーをし続け、練習後には湿布を貼っておいたが、2,3日しても腫れがひかず、指が伸びない状態が続いている。

ページの先頭へ移動する