トップページ
院長挨拶
院長挨拶
院長プロフィール
院内紹介
当院のご案内
アクセス
治療へのアドバイス
スポーツ外傷とスポーツ障害
私の考える整形外科医療とは
スポーツ障害・診断こーナー
アスレチックリハビリテーション
ウェルネス葛西
スポーツ・健康 KSA医学研究所
医療法人社団順公会 佐藤整形外科 03-5658-5711 〒134-0084 東京都江戸川区東葛西6-1-7
足 膝 腰 肩 手


スポーツ活動が盛んな少年期(14〜16歳頃の男性)に、発症することが多くダッシュやボールを蹴る動作などの急激な筋肉の牽引力に骨端線が耐えきれず破断します。その特徴さえつかんでいれば診断は難しくないのですが早期に正確な診断、治療がなされなかった例では骨折が治らず痛みが続くこともあります。
発生部位は上前腸骨棘、下前腸骨棘、坐骨結節、腸骨稜で 頻度は上前腸骨棘の裂離骨折がもっとも多く約50%、下前腸骨棘は約30%です。坐骨結節も10%以上あると考えられますが受傷直後は、レントゲン診断が難しく、肉離れと診断されることも多いので注意が必要です。
受傷直後の痛みは強いのですが、ほとんどのケースで入院やギプス固定をしなくても保存的に治療可能です。

(出現頻度の高いスポーツ)
陸上・サッカー・野球(ダッシュ時)など

 裂離骨折XP

下前腸骨棘 陳旧例

 

上前腸骨棘 坐骨結節


症例:15歳男子高校生(陸上部所属)
スタートダッシュの練習中、足を振り上げたときに、股関節に激痛が走り動けなくなった。痛みのために股関節を伸ばせないので友人に抱きかかえられて整形外科を受診した。

ご意見
ページの先頭へ移動する