トップページ
院長挨拶
院長挨拶
院長プロフィール
院内紹介
当院のご案内
アクセス
治療へのアドバイス
スポーツ外傷とスポーツ障害
私の考える整形外科医療とは
スポーツ障害・診断こーナー
アスレチックリハビリテーション
ウェルネス葛西
スポーツ・健康 KSA医学研究所
医療法人社団順公会 佐藤整形外科 03-5658-5711 〒134-0084 東京都江戸川区東葛西6-1-7
足 膝 腰 肩 手

腰椎椎間板ヘルニアの可能性があります。


椎間板は円板状で中心部をゼラチン状の髄核、その周囲を線維輪という組織により形成されていて、体重や運動時の腰へかかる衝撃を和らげるクッションの役割をしています。
特に腰を反らす姿勢の多いスポーツ等では椎間板に過度のストレスがかかり、中心の髄核部分が後方へ膨隆・脱出します。この状態を椎間板ヘルニアと言います。
ヘルニアは特に負担のかかる第4腰椎と第5腰椎、第5腰椎と仙椎の間の椎間板で多く起こり、腰痛以外に、神経を圧迫して下肢の筋力低下やしびれなどを引き起こすようになります。
症状の程度によっては手術を行う場合があることから、専門医の診断および検査を受けることが大切です。

(出現頻度の高いスポーツ)
  ゴルフ・バレーボ-ル・ウエイトリフティングなど


 MRI矢状断像

ヘルニア

 

正常

 MRI横断像

ヘルニア

 

正常


症例:35歳男性会社員
月に数回ゴルフを行っている。先日のプレーの後、腰に痛みが出た。数日後、腰の痛みは和らいできたが、右のお尻から足にかけてしびれと痛みが出てきた。

ご意見
ページの先頭へ移動する