トップページ
院長挨拶
院長挨拶
院長プロフィール
院内紹介
当院のご案内
アクセス
治療へのアドバイス
スポーツ外傷とスポーツ障害
私の考える整形外科医療とは
スポーツ障害・診断こーナー
アスレチックリハビリテーション
ウェルネス葛西
スポーツ・健康 KSA医学研究所
医療法人社団順公会 佐藤整形外科 03-5658-5711 〒134-0084 東京都江戸川区東葛西6-1-7
足 膝 腰 肩 手

肩鎖関節脱臼の可能性があります。


コンタクトスポーツやスキーなどで転倒して肩を強打すると、肩峰と鎖骨をつないでいる靱帯が損傷し、肩鎖関節の脱臼脱臼が起こります。
脱臼した瞬間には激しい痛みや腫れがあり、鎖骨の先端の変形がみられ、肩を動かすことが出来なくなります。変形している部分は指で押すと浮き沈みがあり、これが肩鎖関節脱臼の特徴です。
受症直後はしっかりと応急処置を行いましょう。症状により固定期間は異なりますが、中途半端に固定を中止すると痛みが取れなくなることがあるため注意が必要です。
ひどい脱臼では、手術により切れた靱帯をつなぐケースもあるため早期に専門医の診断を受けることが大切です。

(出現頻度の高いスポーツ)
   柔道・スキー・ラグビーなど

脱臼

 

正常

整後術後

 

視診


症例:22歳男子大学生(ラグビーサークル)
プレー中にタックルされ肩から転倒した。肩上部に凸型の変形がみられ、激しい痛みによって肩を動かすことが出来なくなった。

ご意見
ページの先頭へ移動する