トップページ
院長挨拶
院長挨拶
院長プロフィール
院内紹介
当院のご案内
アクセス
治療へのアドバイス
スポーツ外傷とスポーツ障害
私の考える整形外科医療とは
スポーツ障害・診断こーナー
アスレチックリハビリテーション
ウェルネス葛西
スポーツ・健康 KSA医学研究所
医療法人社団順公会 佐藤整形外科 03-5658-5711 〒134-0084 東京都江戸川区東葛西6-1-7
足 膝 腰 肩 手

上腕骨近位骨端線離開(リトルリーグ肩)の可能性があります。


成長期の子供は、投球動作を繰り返し行っていると、上腕骨にある「成長軟骨(骨端線)」にストレスがかかり、徐々に骨端線の部分が剥がれてしてしまう場合があります。このような状態で無理に投球動作を続けると、痛みによって投球が出来なくなることもあり、また今後の骨の成長に影響を及ぼすこともあります。
早期に専門医の診断を受け、指示を仰ぐことが重要です。子供の場合、休むことを嫌って無理をしてしまうため、症状を悪化させてしまうことがあります。指導者や保護者がしっかりと病状を把握し、程度によって投球を禁止したり、またはポジションの変更、投球数の制限をするなどして肩を休ませることが必要です。

(出現頻度の高いスポーツ)
   野球・ソフトボールなど

リトルリーグ肩

 

正常

肩外転位

 

肩外転位正常


症例:14歳男子中学生(軟式野球部所属)
ポジションピッチャー。小学校のころから投手として野球を続けてきた。最近、肩の痛みが 気になり始めていたが、練習を休まず続けていたら、痛みが強くなり投げれなくなってきた。

ご意見
ページの先頭へ移動する