トップページ
院長挨拶
院長挨拶
院長プロフィール
院内紹介
当院のご案内
アクセス
治療へのアドバイス
スポーツ外傷とスポーツ障害
私の考える整形外科医療とは
スポーツ障害・診断こーナー
アスレチックリハビリテーション
ウェルネス葛西
スポーツ・健康 KSA医学研究所
医療法人社団順公会 佐藤整形外科 03-5658-5711 〒134-0084 東京都江戸川区東葛西6-1-7
足 膝 腰 肩 手

半月板損傷の可能性があります。

 

半月板は膝関節内にある軟骨に似た組織で、内側と外側に1つずつあり、体重による負担をやわらげたり、膝の動きをスムーズにするクッションの役割があります。膝が曲がった状態での捻りや、さらにその状態から急に立ち上がるなどの動作で半月板は損傷を受けやすくなります。
「膝がひっかかる」「まっすぐにのびない」というような症状の時は、半月板損傷の可能性があります。半月板を損傷すると運動はもちろんのこと、日常の生活にも支障をきたし、階段昇降時や膝の屈伸時での痛み、ゴキッと音がしたり、腫れて水が溜まることもあります。
半月板損傷は、靭帯損傷と合併していることも多く、損傷の度合いによっては手術の必要な場合があるため早期に専門医の診断を受けましょう。

(出現頻度の高いスポーツ)
   バスケットボ-ル・体操・サッカ-・スキ-など


膝関節鏡

正常

 

正常MRI

 

縫合術

 

切除術後


症例:18歳女子高校生(バスケットボール部所属)
バスケットの練習中、ターンをした際、膝がギクッとなった。翌日から、膝の痛みや引っ掛かりを感じ、膝の屈伸時に音がなるようになった。

ご意見
ページの先頭へ移動する