トップページ
院長挨拶
院長挨拶
院長プロフィール
院内紹介
当院のご案内
アクセス
治療へのアドバイス
スポーツ外傷とスポーツ障害
私の考える整形外科医療とは
スポーツ障害・診断こーナー
アスレチックリハビリテーション
ウェルネス葛西
スポーツ・健康 KSA医学研究所
医療法人社団順公会 佐藤整形外科 03-5658-5711 〒134-0084 東京都江戸川区東葛西6-1-7
足 膝 腰 肩 手

膝(ひざ)

 

膝関節は前側に膝蓋骨があり、上に大腿骨、下に脛骨の三つの骨で関節を作っていて、その周囲を大腿の筋肉や靭帯、半月板、関節包などの軟部組織がバランスよく働くことで安定を保っています。しかし、元々上下2本の骨が平面で接する構造上、身体の中で最も負担のかかる関節で、スポーツ全般をみても膝はけがや故障発生が多い部位のひとつであり、手術を必要とするようなケースも少なくありません。
  靭帯、半月板損傷といった外傷のほかに、「ジャンパー膝」「オスグッド病」「鵞足炎」といった使いすぎによる障害も数多く発生しています。
  その他、大腿部の筋力低下や、筋肉の柔軟性低下、体重増加、アライメント(骨の形態)の異常などが原因としてあげられます。



ご意見
ページの先頭へ移動する