トップページ
院長挨拶
院長挨拶
院長プロフィール
院内紹介
当院のご案内
アクセス
治療へのアドバイス
スポーツ外傷とスポーツ障害
私の考える整形外科医療とは
スポーツ障害・診断こーナー
アスレチックリハビリテーション
ウェルネス葛西
スポーツ・健康 KSA医学研究所
医療法人社団順公会 佐藤整形外科 03-5658-5711 〒134-0084 東京都江戸川区東葛西6-1-7
足 膝 腰 肩 手

距骨離断性骨軟骨炎の可能性があります。

 

慢性の足関節痛を訴える人の中に時々見られますが、私のクリニックでは年間約5.000人の新患のうち、毎年一人か二人ぐらいしか確定診断に至らないので珍しい疾患と言えるでしょう。
  ある程度進行したケースでは単純レントゲンでも、異常を発見できますが、初期では整形外科医でも見落とすこともあります。内側の場合はやや後方、外側の場合は前方に起こるので、レントゲン検査の時に足関節の角度を工夫すると骨透梁像が、見えやすくなります。
  捻挫などの後、いつまでも歩行時の痛みや、引っかかり感が続くときは、専門医と相談してCTやMRIなどの精密検査を受けるといいでしょう。初期なら安静や免荷装具などで保存的に治療しますが、軟骨の完全剥離例や大きな骨嚢胞や骨壊死があるときは、手術が必要になります。

(出現頻度の高いスポーツ)
   サッカー・バスケットボ-ル・ラグビーなど


 XP

正常

 

離断性骨軟骨炎

 MRI

正常

 

離断性骨軟骨炎


症例:17歳男子高校生(サッカー部所属)
サッカーで軽い捻挫をした後、半年以上足首の痛みが続き、近くの病院でレントゲン検査を受けたが異常はないといわれた。だんだん痛みが強くなり最近は歩くだけで、足を引きずるほどの痛みがある。

ご意見
ページの先頭へ移動する