トップページ
院長挨拶
院長挨拶
院長プロフィール
院内紹介
当院のご案内
アクセス
治療へのアドバイス
スポーツ外傷とスポーツ障害
私の考える整形外科医療とは
スポーツ障害・診断こーナー
アスレチックリハビリテーション
ウェルネス葛西
スポーツ・健康 KSA医学研究所
医療法人社団順公会 佐藤整形外科 03-5658-5711 〒134-0084 東京都江戸川区東葛西6-1-7
足 膝 腰 肩 手

捻挫叉は靭帯損傷の可能性があります。

 

捻挫とは関節に強い外力が加わり、靭帯が引き伸ばされ損傷することを言います。
あらゆるスポーツにおいて足関節の捻挫は多く、特に内側に過剰に捻る内反捻挫が最も多く発生しています。
足関節の捻挫は、「捻挫くらいすぐ治る」と受傷直後の応急処置を怠ったり、痛みが軽くなると自己判断で 中途半端に練習を再開してしまう人がいます。そのため、同じところを繰り返し損傷し、習慣性となったり、軟骨損傷を合併してしまう人も多いようです。
受傷後にあまりに腫れがひどかったり、内出血があるようなら、関節包が切れている可能性があるので、早めに病院で診断を受けたほうが良いでしょう。

(出現頻度の高いスポーツ)
   バスケットボ-ル・サッカ-・テニスなど


正常

 

ストレスXp

皮下出血

 

足関節装具


症例:17歳男子高校生(サッカー部所属)
サッカーで相手とぶつかり足を捻った。足首の外側に強い腫れがある。外くるぶしの下に内出血があり、足を着くと激痛がある。

ご意見
ページの先頭へ移動する